天才光臨 2
「じゃ、なんで人間殺したらいけねーんだ?
 何の罪に問われるっつーんだ?」

突然こんなことを言い出したこのイヤな客。


「殺人罪じゃないの?」

「そんなん誰が決めたんだよ。
 今の社会が勝手に決めたんだろうが。
 1人殺したら殺人かもしれないけどなぁ、
 もっと殺したらなぁ・・・・」


どんどん変な方向に話が進んでいく・・・・・・。
それも、常に言い方は人をバカにしたような感じ。
さすがにムカついてきたMoMo、

本気で反論始めてみました(・ー・)v


「何?たくさん殺したら英雄、とか言いたいわけ?」


何を言ったかは大体覚えてるけど、
長くなるのでそこは省略。



そして20分後、
そこには明かに睨み合って言い争いをするコイツとMoMoが。

話は徐々に移り変わってお互いの将来ビジョンをけなし合う状態。


もう、席の雰囲気、キャバじゃないし。
話してる内容もキャバじゃないし。
MoMoの顔にまーーーったく笑顔なんてないし。



てか、ただ真面目に客と議論する、ってだけなら全然いいのね。

でも、コイツ、ガキなのか、自分が言い負けそうになると、
「はぁ?つまんねー」とかって話をさえぎる。

「じゃ、お前はどうなんだよ」とかMoMoに言っといて
MoMoが話し始めたら「はあ?お前のことなんて聞いてねーし」とかも。



もう、MoMoの嫌いな男のタイプ、ど真ん中\(T∀T)/
こういう男、マジ嫌い。


さっさと帰らせて、塩でもまいてやろうと考えていた矢先、
いつもの天の声が。

「お時間になりますが・・・・」

「あぁ?帰る帰る。」


そしてテーブルの上のセットが片付けられていく。


よしっ、MoMo、嫌な客帰したぜ、グッジョブ(゚∇^d)


そしてまさに席を立とうというそのとき、

「そういや、オマエおもしれーな。
 今何時だ?あと1時間いたら何時だ?
 1時間と場内入れたらいくらになる?」


・・・・・(゚▽゚ )エ?


(続く)
[PR]
by pinkymomotan | 2005-12-10 10:28 | お客サマ
<< 天才光臨 3 天才光臨 1 >>